美容医療ニュース:RF(ラジオ波)システムによる温熱式の最新の脂肪溶解マシーン

2020/08/07配信

医療による太もも・お腹痩せ

脂肪のみを選択して加熱。RF(ラジオ波)を照射するだけの脂肪溶解マシーン「ヴァンキッシュ」。スマイルクリニック/院長:西川雄希

家に居ることが多くなり太った!薄着の季節だからすぐに痩せたい!

太ももやお腹の『つかめるお肉』ほど効果的に治療医療だからこそ可能な部分ヤセ・サイズダウンができます。

痩せることが難しい太ももや、すぐにお肉が付いてしまう腹部。さらに最近では、いざ外出しようとした時に今までのお洋服がきつくなっていたといったようなご相談が増えています。そこで『すぐに何とかしたい』という方にオススメなのが医療痩マシーン「ヴァンキッシュ」です。

太ももや腹部などの広範囲の痩身治療に適した機器で、RF(ラジオ波)によって、ターゲットの脂肪を加熱、正常組織は傷付けず脂肪だけを選択的に破壊することができます。 その特性から「脂肪溶解マシーン」とも呼ばれています。

また、ドーム型のアプリケーターで覆われるだけで皮膚に触れることがない非接触型の構造のため、施術中はポカポカと暖かく寝てしまう方も多くいらっしゃるほど、その性能に比べ気軽に受けて頂くことができます。

特にお肉がつかめるという方に効果的な治療ですので、ぜひご相談ください。


ヴァンキッシュはこんな方にオススメです

ヴァンキッシュとは

ポイント1照射中はポカポカと暖かい感触
ヴァンキッシュ照射中の表面温度は41~42℃程度でポカポカと暖かい程度。心地よく寝ていると施術が完了します。

ポイント2脂肪細胞のみ選択して破壊
ヴァンキッシュのRF(ラジオ波)は27.12MHzという脂肪のみ加熱する周波数です。周辺組織を傷つけることなく脂肪細胞だけを選択して破壊することができます。

ポイント3メス不要
メスを使わず、照射のみの治療で、ダウンタイムはほぼありません。

ポイント4広範囲の施術が可能
ヴァンキッシュの1回の施術範囲は20×70センチと広範囲で、しかも全体を均一に照射するので、照射部位全体を一気に施術することができます。

ポイント5非接触の機器
ドーム型のアプリケーターで覆われるだけで、皮膚に触れることがない非接触型の構造です。ジェルやオイルも使用しません。

ポイント61週間間隔で施術が可能
治療間隔は短く、最短で1週間なので、4回1クールが最短1ヶ月、8回2クールでも2ヶ月で完了することができます。

ポイント7新陳代謝アップ
ヴァンキッシュは新陳代謝をアップさせることができ、血行促進で冷えや浮腫み、生理不順、便秘がちな方にも効果的です。

適応部位

1回の施術範囲は20×70センチと広範囲で、全体を均一に照射することができます。

ヴァンキッシュの仕組み

脂肪細胞は体温より高い45℃以上で一定時間(30分程度)温められると、代謝できずに「アポトーシス(自然死)」を起こすことが研究で明らかになっています。そのメカニズムを応用した痩身マシーンがヴァンキッシュです。
ヴァンキッシュの特殊なRF(ラジオ波)は身体の表面から5mm~15mmにある脂肪細胞のみを選択し、周辺組織を傷つけることなく43~45℃に加熱。脂肪細胞は少しずつアポトーシスを起こし、その分脂肪が減っていきます。不要になった脂肪細胞は照射後2週間~1ヶ月後に尿などと一緒に体外へ排出されていきます。

ヴァンキッシュは1秒間に2700万回の早さで+と-に入れ替わる多数の電極からRF(ラジオ波)エネルギーを照射することができます。

照射

脂肪細胞は体温より高い45℃以上で一定時間(30分程度)温められると、代謝できずに「アポトーシス(自然死)」を起こすことが研究で明らかになっています。そのメカニズムを応用した痩身マシーンがヴァンキッシュです。
ヴァンキッシュの特殊なRF(ラジオ波)は身体の表面から5mm~15mmにある脂肪細胞のみを選択し、周辺組織を傷つけることなく43~45℃に加熱。脂肪細胞は少しずつアポトーシスを起こし、その分脂肪が減っていきます。不要になった脂肪細胞は照射後2週間~1ヶ月後に尿などと一緒に体外へ排出されていきます。

ヴァンキッシュのRF(ラジオ波)は、27.12Mhzという脂肪のみ加熱する周波数で脂肪細胞だけを選択して作用します。脂肪細胞以外には反応せず皮膚や内臓の温度は上がることはないので安全で痛みもありません。照射時間は30分程度です。

照射直後から4週間

ヴァンキッシュのRF(ラジオ波)によって45度で30分間熱せられた脂肪細胞は照射から数日かけて、脂肪細胞がアポトーシスになり死んでいきます。尿などと一緒に体外に排泄され自然に消滅していきます。

4~8回照射

照射を4~8回繰り返し脂肪細胞を減少させていきます。 消滅した脂肪細胞の分だけサイズダウンでき、さらに脂肪細胞そのものが減るためリバウンドもほとんどありません。

ヴァンキッシュ 施術のステップ

■カウンセリング
医師が患者様のご希望を聞いた上で施術部位を診断し、最適な照射時間・パワーなどを決定します。施術内容や術後についてもご説明しますのでご不明な点や不安なことがあれば、お気軽にご質問ください。
↓
■照射
照射部位や範囲により照射時間に個人差はありますが、約30分かけてヴァンキッシュを照射していきます。施術中の皮膚表面温度は39~42度でじんわり温かく感じる程度で痛みや不快感はありません。
施術時間
トータル約60分(ヴァンキッシュの照射時間は約30分)※照射部位や範囲により照射時間に個人差があります。
施術目安
4~8回/週1回 多くの方は4回目の治療後、数週間で効果を実感され、1~2か月後に効果のピークを迎えます。
麻酔
なし
術中の痛み・不快感
なし
シャワー
当日からOK
その他
脂肪の分解・排出を高めるため、治療の2日前から治療後1日の間は1日1L~2Lの水を飲むようオススメしています。
施術できない方
妊娠・授乳中の方
稼働中の体内埋め込み式の機器(ペースメーカー、除細動器、インシュリンポンプなど)を持っている方
人工関節といった金属性インプラントがある方
悪性腫瘍、心疾患など重篤な病気の方
糖尿病で傷の治りが悪い方
膠原病(こうげんびょう)の方
感染症の方
治療部位に外傷がある方

費用について

脂肪細胞のみ選択して破壊する脂肪溶解マシーン

ヴァンキッシュ

ドクターカウンセリング無料
 
腹部・腰回り・臀部(お尻)上・臀部(お尻)下・太もも表・太もも裏
2個所まで各部位 初回 10,000円

(消費税別途)

※自由診療になります。公的健康保険は使用できません。


スマイルクリニック院長 西川雄希

スマイルクリニック院長 西川雄希 略歴

経歴
平成11年3月金沢医科大学医学部 卒業
平成19年1月都内美容外科クリニック美容外科部長就任
平成28年11月スマイルクリニック開院 院長就任
所属学会
日本形成外科学会認定 形成外科専門医

お問合せ/スマイルクリニック