0120受付時間

脂肪溶解注射BNLS

脂肪溶解注射「BNLS」パワーアップし「BNLS neo」として登場。 メディカルハーブ使用の従来の脂肪溶解剤に、FDA(アメリカ食品医薬品局)承認の医薬品成分『デオキシコール酸』を追加で配合することで脂肪溶解効果や即効性がアップしています。従来のBNLSでは効果があまり出なかった方にもオススメです。また従来のBNLSと同様、腫れや痛みが少ない安全性が高い治療法です。

BNLS neo

脂肪溶解注射BNLS neo 3つの特徴

  • 特徴1
  • 特徴2
  • 特徴3

二重あご・脂肪のたるみを解消する顔ヤセ・小顔に適した治療法

ダイエットをしても、頬やフェイスラインの脂肪がなかなか落ちない方、痩せているのに二重あごの方、加齢による脂肪がたるみが気になる方に適した治療法です。「脂肪溶解注射BNLS neo」は痩せたい部位に薬剤を注射することで、ピンポイントで脂肪細胞を分解。分解された脂肪は尿などと一緒に体外に排出され、確実に脂肪細胞を減らすことができます。脂肪細胞自体が減少するため、リバンドの心配がありません。
また「脂肪溶解注射BNLS neo」には血管強化・リンパ循環排出作用もあり、お肌のたるみの改善や引き締めにも有効です。

さらに「脂肪溶解注射BNLS neo」の最大のメリットは、高い脂肪溶解効果を発揮しながら、痛み・腫れが最小限に抑えられているところにあります。高濃度(10ng/ml)の「脂肪溶解注射BNLS」を注入しても、細胞壊死は見られず、脂肪細胞のみを選択的に溶解していきます。 腫れ痛みが少ない上にダウンタイムが短く、確実に脂肪を減らすことができるので、お顔の治療としても安心して受けいただける施術です。

わずか24時間で脂肪細胞の30%が減少

リバンドしにくい部分ヤセが可能

脂肪細胞の絶対数は決まっており、ダイエットしても脂肪の数を減らすことはできず、細胞のサイズが小さくなるだけです。そのためリバウンドなどのトラブルが発生していまします。「脂肪溶解注射BNLS neo」は、脂肪細胞の数自体を減らすことができるので、確実なサイズダウンとリバンドしにくい「顔ヤセ」や「小顔効果」あんどの部分ヤセが可能です。

通常のダイエット

肌の断面 通常のダイエットの場合

BNLS neo注射

肌の断面 BNLS neoを注射した場合

加齢による顔のたるみの防止にも有効

「脂肪溶解注射BNLS neo」は、たるみ防止にも有効な治療法です。 加齢による皮膚弾力の低下・表情筋の衰えが起こり、顔の脂肪は下垂してしまいます。その結果、太っていないのに「二重あご」になったりフェイスラインが膨張して顔が大きくなったように感じられることがあります。 定期的に「脂肪溶解注射BNLS neo」で脂肪を取り除くことで、タルミを防止し、若々しいシャープなフェイスラインをキープすることができます。


痛み・腫れが少なく、ダウンタイムも短い

BNLS注射はくるみや海藻などの体に優しい植物由来のメディカルハーブが主成分です。安全性が高く、施術中の痛みや・術後の腫れなどはほとんどありません。従来の脂肪溶解注射は1週間ほどのダウンタイムがありましたが、「脂肪溶解注射BNLS neo」はダウンタイムが短く、ムクミや腫れがあったとしても(個人差があります)2、3日でほとんど通常の状態にもどります。フェイシャルの脂肪溶解注射に抵抗があった方でも安心して治療が行えます。


脂肪溶解と同時に血流やリンパの促進・引締め作用もある

従来の脂肪溶解剤は、効果を実感するまでに2~3週間ほどかかりました。個人差はありますが、「脂肪溶解注射BNLS neo」なら3日程度で、部分ヤセを実感することができます。
「脂肪溶解注射BNLS neo」は、脂肪溶解効果と同時に、血流やリンパの流れを促進する効果もあります。溶かした脂肪を効率的に排出することができるので、従来の脂肪溶解剤よりも短期間で脂肪の減少を実感できます。さらに肌の引締め効果もあるため、肌のハリがアップする効果も期待できます。


3つの効果をもたらすBNLS neoの有効成分

「脂肪溶解注射BNLS neo」は、植物などから抽出した7種のメディカルハーブと米国FDA(アメリカ食品医薬品局)承認の医薬品成分『デオキシコール酸』種類の有効成分を配合しています。安全性の高さはもちろん、互いの相互作用により高い脂肪溶解効果が発揮されます。
「脂肪溶解」「リンパの循環」「抗炎症作用・血液循環促進」といった3つの相乗効果により、最小限のダウンタイムで、従来の脂肪溶解注射よりも効果的・スピーディーに脂肪を溶かしてくれます

脂肪溶解

デオキシコール酸
米国FDAで脂肪分解効果が認められた医薬品成分。脂肪細胞の細胞膜を破壊し、脂肪細胞を壊します。脂肪は静脈やリンパ管を通じて自然排出されます。
マンヌロン酸メチルシラノール
アルギン酸(マンヌロン酸)とケイ素を含むメチルシラノールの複合体。脂肪分解作用、抗炎症作用、保湿作用があります。

血液循環UP・むくみ減少

セイヨウトチノキ(マロニエ)
「マロニエ」とも呼ばれる「セイヨウトチノキ」の種子から抽出したエキスには、血行促進・引締め効果・抗炎症作用があり、むくみ改善やセルライト除去に適した成分です
ペアシアグルミ
α-リノレイン酸(オメガ3脂肪酸)、アルギニン、ビタミンEを含有し、血管保護作用、血管循環促進作用があり新陳代謝を活発にします。
アデノシン三リン酸(ATP)
アデノシン三リン酸は、一般的に「ATP」と呼ばれるエネルギー産生物質です。血管拡張・血管新生作用があるため細胞への栄養供給を増やすことができ、細胞機能を活発化させます。

リンパの循環UP

チロシン(アミノ酸)
脂質代謝促進効果・セルライト減少効果があり、活動エネルギーが適切に利用されるよう循環を整えます。
ヒバマタ(海藻)抽出物
コラーゲン、ミネラル、アミノ酸を豊富に含有する海藻の一種。新陳代謝を活性化する効果があり、脂肪燃焼をサポートします。また老化防止成分としても注目されています。
メチルプロパンジオール
グリコール酸の一種で、有効成分の浸透性を向上させる作用や保湿効果があります。

適応部位

注射器1本…1cc程度

施術部位 注入目安
額(前頭部) 1本
上瞼(上眼瞼) 片目1本/両目2本
こめかみ
1~2本
鼻尖部 1~2本
小鼻(鼻翼部) 1~2本
頬骨部 片側1~4本/両側2~8本
頬(ほうれい線) 片側1~2本/両側2~4本
側頬部 片側1~4本/両側2~8本
フェイスライン 片側1~2本/両側2~4本
顎(オトガイ下部) 3~5本

ボディ

注入目安:1ヵ所 手の平サイズ(5~10cc)

  1. 腕全周
  2. ウエスト
  3. 二の腕
  4. 上臀部
  5. 下臀部
  6. 太もも(内側)
  7. 太もも(外側)
  8. 太もも(後面)
  9. ふくらはぎ
  10. 下腿全周
  11. 肩甲骨横
  12. 上背部


施術の流れ

■カウンセリング
医師が患者様のご希望を聞いた上で施術部位を診断・測定し、その症状に最も適した「脂肪溶解注射BNLS neo」の注入量や注入部位を決定します。施術内容や術後についてもご説明しますのでご不明な点や不安なことがあれば、お気軽にご質問ください。
↓
■マーキング
仕上がりをイメージし、薬剤を注入する部位にマーキングをしていきます。
↓
■脂肪溶解剤の注入
マーキングした部位に「脂肪溶解注射BNLS neo」を注入します。施術時間は30分~1時間程度です。(部位や症状などにによって施術時間は異なります)
施術時間
30分~1時間(部位や症状による)
痛み
まれに注入部位に軽い痛みや熱感を感じることがあります。
ダウンタイム
注入部位に軽い内出血を伴うことがあります。
メイク・シャワー
お帰りの際にメイク可能・シャワーは当日から(内出血を避けるため入浴は翌日から)
効果
施術後、最短で3日後に効果を実感
治療目安
「脂肪溶解注射BNLS neo」は、1回の施術でも効果を実感できますが、よりたくさんの脂肪を減らしたい、より高い効果を出したいという方は、1週間間隔で3回続けて施術を行う方法をオススメします。

※痛みやダウンタイム、効果には個人差がありますので、あらかじめご了承ください。
※「施術時間」にはカウンセリングや診察時間などは含まれていません。また症状や治療プランによって時間が異なる場合があります。

Q&A

一回の治療でも効果はありますか?
個人差はありますが、ほとんどの方は1回の治療でも効果はあります。
注入部位や注入量によっても異なりますが、ほとんどの場合1度で治療効果が発揮されます。より高い効果をご希望の場合は1週間間隔で3回続けて施術を行う方法をオススメしています。
以前、脂肪溶解注射を受けたときは、痛みが強かったのですが「脂肪溶解注射BNLS neo」なら痛みやダウンタイムが少ないというのは本当でしょうか?
今までの脂肪溶解注射に比べ痛みやダウンタイムは格段に抑えれらました。
「脂肪溶解注射BNLS neo」はダウンタイムが最低限に抑えられています。従来の脂肪溶解注射を受けた方は驚かれるほどです。但し、ダウンタイムはゼロではなく、あごやフェイスラインに注入した場合には、会話や食事のときに軽い筋肉痛のような痛みを感じることがあります。また針を刺す治療なので、まれに内出血をすることもあります。 ただ従来の脂肪溶解注射のような腫れや痛みが生じることはなく、施術直後でもほぼ普段通りの生活ができるので、脂肪溶解注射に抵抗があった方でもオススメできます。
注入部位がデコボコたり、コケたりすることはありますか?
適切な部位に面上に注入するので仕上がりは自然です。
当院では凹凸になりにくいように、通常の針で点状に注入せずに、長い針や長い鈍針を使用してBNLSを面状に注入していきます。また、『脂肪溶解注射BNLS neo』はほうれい線上・ホホ・フェイスライン・あご下など、お顔が大きく見えてしまう原因の部分に注入し、加齢による頬のコケやゴルゴ線部分には注入しないので、凹凸やコケの心配はありません。
リバウンドが心配です。
基本的にリバンドすることはありません。
通常のダイエットでは脂肪細胞は小さくなるだけですが、『脂肪溶解注射BNLS neo』は脂肪細胞自体の数を減らし舞うので、リバンドのリスクはほとんどありません。 ただ治療による脂肪細胞の減少量には個人差があり、食生活の乱れや生活環境によってはリバンドの可能性があります。健康のためにも、規則正しい食生活をするよう心がけてください。 また加齢による弾力低下から顔の脂肪が下垂し、フェイスラインのたるみや二重あごが生じることがあります。そのような場合は、『脂肪溶解注射BNLS neo』で再度脂肪を除去することが可能です。

費用について

脂肪溶解注射BNLS

  • ドクターカウンセリング無料

脂肪溶解注射BNLS neo 1本(1cc)  通常8,800円

(別途消費税)