0120受付時間

ワキの汗止め ボトックス注射 両ワキ初回80,000(消費税別途)

ワキの汗止めボトックス注射

ワキの下にボトックスを注射することで汗を抑える治多汗症療です。汗の分泌を抑えることで臭いの軽減にもつながります。効果は半年から1年と永続的なものではありませんが、お手軽な方法のため、ワキガや多汗症の症状が無い方でも、汗の量が増える夏場にあわせて施術を希望されることが多い治療です。

ワキの他にも多汗症の症状があらわれる手の平や足にも施術ができます

仕組み

  • 汗の仕組み
  • ボトックス注射を行うとアセチルコリンの放出をブロック

暑さや緊張などを脳が感じると、神経から発汗を促すアセチルコリンという神経伝達物質が汗腺へと放出されて、汗を出すようになります。ボトックスは、アセチルコリンの放出をブロックし、神経から汗腺への情報伝達を遮断して発汗を抑制します。発汗抑制効果の持続には個人差があり、国内外のデータでは通常4~9ヵ月とされています。 効果を保つためには反復投与が必要となります。

腋窩多汗症(えきかたかんしょう)の保険適応について

腋窩とはワキの下のことで、ワキ汗が過剰に分泌される症状を「腋窩多汗症」と言います。多汗症はワキの下以外にも汗腺が密集している手の平や足の裏、額などにも生じますが、中でも腋窩多汗症は、米国や日本の疫学調査において多汗症全体のおよそ半数を占めるとされています。腋窩多汗症は、日常生活に支障を及ぼすため2012年11月よりボトックス注射による地調が保険適応となりました。ただし、「重度」の腋窩多汗症の患者様のみが適応となり、いくつかの診断基準を満たす必要があります。

保険適応の基準とは

以下(A)・(B)・(C)の3つの条件を満たす患者様は重度の原発性腋窩多汗症と診断され、保険適応となります。

  1. 「原発性多汗症」であること
    多汗症には明らかな原因が存在せず体質的なものである「原発性多汗症」と、その他疾患や薬剤が原因となる「続発性多汗症」に分けられます。続発性多汗症であれば原因となる病気を先に治療する必要があります。
  2. 原発性局所多汗症の診断基準を満たす場合
    原因不明の過剰な局所性発汗が6ヵ月以上持続していることに加え、以下の6項目中2項目以上満たす。
    <原発性局所多汗症の診断基準>
    • 両側性かる左右対称性に多汗がみられる
    • 多汗によって日常生活に支障が生じている
    • 週1回以上の頻度で多汗エピソードがみられる
    • 25歳未満で発症した
    • 家族歴がある
    • 睡眠時は局所性の発汗がみられない
  3. 重度の原発性局所多汗症が認められた場合
    3および4は重度の多汗症と判定される。
    <重症度判定>
    1. 発汗は全く気にならず、日常生活に全く支障がない
    2. 発汗は我慢できるが、日常生活に時々支障がある
    3. 発汗はほとんど我慢できず、日常生活に頻繁に支障がある
    4. 発汗は我慢できず、日常生活に常に支障がある

スマイルクリニックの汗止めボトックス注射

当院ではワキの汗止めボトックス注射の保険治療は行っておりませんが、軽度・重度関係なく保険治療とほぼ変わらない費用で治療を行います。保険適応になるかどうかの面倒な診断もなく、効果や治療内容などは保険診療と変わりません。多汗症と診断されなくても夏場は汗の量が気になるといったお悩みにも対応いたします。

スマイルクリニックの
汗止めボトックス注射
保険診療
適応 軽度~重度の多汗症の方
多汗症ではないが汗の量が気になる方
重度の原発性腋下多汗症の診断基準を満たした患者様
部位 ワキ、手の平、足の裏など汗腺が集中しているために汗の量が多い部位 ワキのみ
使用する薬剤 リジェノックス(ジェネリック) A型ボツリヌス毒素製剤
効果の持続 4~9ヵ月持続(個人差あり)
効果を継続するには反復投与が必要
効果
通常3~4日で効果が見られ、4~9ヵ月持続。 ※個人差があります。
施術時間
5~10分程度
術中の痛み・
麻酔について
施術中は注射針を指すときのチクっとした感覚があります。ご希望の方は局所麻酔を行います。
赤み・腫れ
患部に腫れや内出血が出る場合がございますが、1週間程度で落ち着きます。
シャワー・入浴
当日から可能です。

費用について

治療費はすべて消費税別途

ワキの汗止めボトックス注射

  • ドクターカウンセリング無料
  • 両ワキ 80,000円

※アラガン社製の「ボトックスビスタ」での施術は25,000円(別途消費税)プラスになります。