0120受付時間

食欲抑制剤サノレックス

食欲抑制剤「サノレックス」とは

サノレックスは、厚生労働省が認可している医療用の食欲抑制剤です。配合成分であるマジンドールが脳内の視床下部にある食欲中枢(満腹中枢)に作用し少量の食事でも満腹感が得られるようになります。食事の摂取量を減らすサポートができるため『ダイエット中でも食べるのがやめられない』『食事量が多い』『間食がやめられない』などの方に効果的です。また新陳代謝を活発にする作用もあるので、有酸素運動を組み合わせることで、より効率の良いダイエットが行えます。


効果は食欲の抑制
「飲むだけで痩せる」のではなく、食欲を抑えてダイエットをサポートするのが目的の内服薬です。
食欲が抑制されるので食事の摂取量を減らすことができます。
ダイエットの効果が高まる!
食事制限に大いに役立つ他、代謝アップの効果もあるため、運動とあわせていただくととても効果的です。
厚生労働省が認可
サノレックスは厚生労働省が初めて認可した食欲抑制剤です。高度肥満症の治療でも処方されます。
医療機関のみで処方
サノレックスは医療機関のみで処方されます。

服用方法

用法・用量

通常は1日1回1錠を昼食前に服用します。睡眠障害を引き起こすケースがあるので昼食前の内服は避けてください。<効果や様子をみながら服用していきます。>

まずは1日1錠。
昼食の1時間前に1錠を服用します。これで効果が現れた場合は、その後も同じように1日1錠の服用を継続します。

1日2錠に増やすこともあります。
上記の容量で効果が不充分な場合は昼食と夕食のそれぞれ1時間前に1錠を服用します。(1日2錠)

服用期間

サノレックスの服用期間は患者様の体質にあわせて医師が指導します。
服用していくうちに体が慣れてしまい、日数とともに効果がダウンしていくので、効果のあるうちに適切な食事習慣を身に着け、1~3ヵ月程度で服用をストップします。またサノレックスには多少の依存性があるとの報告があるため、患者様の安全のためにも最大でも3ヶ月間の服用となります。また、1ヶ月間服用を続けて効果が見られない場合は服用を中止します。 さらに服用したい場合はいったん中止し、6か月程度の時間を置いてから服用を再開します。


副作用について

脳・自律神経に作用するため、約20%の方に副作用が伴うと言われています。医師の指導の元、用法・用量を守って服用すれば問題なく服用でき、副作用があらわれても重い症状はほとんどありませんが、体調に影響がでることが多いため、ご不安な点などあれば医師にご相談ください。
<主な副作用>
口の渇き、便秘、吐き気、睡眠障害、頭痛、めまい、むかつき

服用禁忌
以下の方は服用できませんのでご注意ください。 妊婦・授乳中の女性、重度の高血圧の方、緑内障の方、薬物・アルコール依存・乱歴のある方、統合失調症の方

費用について

食欲抑制剤サノレックス

  • ドクターカウンセリング無料

サノレックス1ヶ月分(30錠) 25,000円

※当院で施術中の方は19,800円

(別途消費税)