電話受付時間10:00~13:00 / 14:00~18:30(日・木曜休診)

ニキビあと治療。クレーター、陥没、炎症後色素沈着、赤み

平日限定ニキビ治療。浅めのクレーターにカーボンピール。深めのクレーターにフラクショナルRF

形成外科専門医によるニキビ跡(クレーター)治療
ニキビあとのクレーターは、炎症の繰り返しによって生じた傷跡組織の拘縮と組織不足によって、目に見えるくぼみになっている状態です。セルフケアで改善することはありません。治療は皮膚の入替(瘢痕組織除去+皮膚再生)を行う治療になります。 医療においても従来治療では時間をかけて少しずつ改善する他なく、ニキビそのものの治療よりもニキビあとの治療の方が厄介であるといわれていました。しかし、従来の治療法では難しかった皮膚の凹みに対しても治療できるフラクショナルレーザーの登場によりニキビあとの治療が大きく躍進しました。当院ではそのフラクショナルレーザーの中でもレーザーとニードリングいずれの機能も併せ持ち、重度のニキビあと(クレーター)の治療もより効果的に行える「フラクショナルRF」を採用しています。痛みやダウンタイムも軽減され、形成外科専門医が症状にあわせて適切な治療を行います。

スマイルクリニック
院長 西川雄希

  • 日本形成外科学会 正会員
  • 同学会認定医(認定医番号27-05-1725)
  • 日本美容外科学会(JSAPS) 正会員
  • 日本臨床皮膚外科学会 正会員
  • 日本美容外科学会(JSAS) 正会員
  • 日本レーザー医学会 正会員
  • 成人病(生活習慣病)学会 正会員

各施術の特徴

カーボンピール(浅めのクレーターに/軽症~中等症の状態)

レーザーと反応する黒色の色素(カーボン)をくぼみに塗布しレーザーを照射します。この反応でくぼみ内部の表層皮膚を細胞レベルで削ります(ピーリング)。ニキビの炎症が無い状態であれば外用薬でのアフターケアで皮膚再生が促進し、段階的にくぼみを小さく・浅くなるよう治療します。

フラクショナルRF(深めのクレーターに/重度・深部の瘢痕治療)

表層からのアプローチでは困難な重症例が適応です。微細な針を刺入し照射する高周波の熱エネルギーによって瘢痕組織を破壊・軟化させ減量させていきます。同時に薬剤を刺入孔より深部まで浸透させ瘢痕の溶解と通常組織の再生を促進し、皮膚を入れ替えていきます。

トライビームGENモード(炎症後の赤みを消退させる治療)

赤みは細菌感染・炎症を繰り返すことによって増えすぎた毛細血管が見えている状態です。赤ら顔治療にも採用されるヤグレーザーの照射治療で発赤・炎症を改善します。熱殺菌作用によりニキビの治療・予防も可能です。

ダウンタイム・リスク・合併症について

各治療ともに、微細な擦り傷・刺入のため出血はほとんどありません。
赤みは1~2日残ることがありますが自然と改善していきます。
使用する薬剤によって発赤が認められることもあります。

カーボンピール フラクショナルRF トライビーム
GENモード照射
適応 浅層の凹みクレーター 深部の硬結皮膚の凹凸不整 炎症ニキビニキビ跡の発赤
効能
  • 浅層のみ皮膚を入れ替える
  • 凹みを小さく・浅くする
  • 深部から皮膚を入れ替える
  • 凹みの元になっている瘢痕を軟化させ通常の皮膚と入れ替える
  • 毛細血管を減少させる、炎症の緩和
  • 毛穴の黒ずみの除去
  • 皮脂抑制、ニキビ予防
麻酔 不要(希望時のみ) 必須(外用麻酔)
後外用に切り替え
不要
ダウン
タイム
点状の発赤1~2日 施術部位全体の発赤2~3日 数時間程度の精度発赤
メイク 翌日より可能 翌日より可能 直後より可能
施術時間 10分 15~20分 10分
治療間隔 2週ペース 2週ペース 1~2週ペース

当院のニキビ跡治療の適応症状

凹凸(クレーター)・陥没
ニキビが悪化し炎症が真皮層まで達してしまった場合は、皮膚組織が破壊されて、肌表面が陥没してしまいます。ニキビが治った後も凹凸が残ってしまうニキビ跡の症状です。自己処理による回復はほぼなく、従来の治療法では改善が難しかった症状です。
炎症後色素沈着・赤み
ニキビの炎症はおさまっているのに、赤みだけが残ってしまうことがあります。炎症によって患部にメラニンが過剰に分泌して蓄積しまったためです。また間違ったセルフケアでシミ跡が残ってしまうこともあります。

症例紹介

◆鼻部のニキビ跡クレーター

治療
フラクショナルRF2クール
カーボンピール1クール
期間
6ヵ月

◆鼻部のニキビ跡クレーター

治療
フラクショナルRF2クール
カーボンピール1クール
期間
6ヵ月

◆凹凸(クレーター)・陥没/毛穴の開き

治療目安(回数)
両頬のみ/2クール(10回)

※画像はメーカー資料
※治療目安(回数)は症状が近い方の目安

◆凹凸(クレーター)・陥没/毛穴の開き

治療目安(回数)
全顔/2クール(10回)

※画像はメーカー資料
※治療目安(回数)は症状が近い方の目安

◆炎症後色素沈着・赤み

治療目安(回数)
1クール(5回)

※画像はメーカー資料
※治療目安(回数)は症状が近い方の目安

◆炎症後色素沈着・赤み

治療目安(回数)
1クール(5回)

※画像はメーカー資料
※治療目安(回数)は症状が近い方の目安

当院では、ニキビ跡治療に最も適した「フラクショナルRF」を採用しています。

傷そのものを破壊して除去「フラクショナルRF」

「フラクショナルRF」は刺入した複数本のマイクロニードルによりRF(ラジオ波)を照射。直接傷の深部にRFが照射されるため、ダイレクトにRFとニードリングの相乗効果が得られます。ターゲットである真皮層に熱エネルギーを直接与え、コラーゲン生成やタンパク質変性、組織変性を起こすことによって破壊から再生を促し、新しく再生された正常組織に入替えニキビ跡(クレーター)を目立たなくします。また「フラクショナルRF」は最新のテクノロジーにより、自動的に肌の状態に応じたきめ細かなエネルギーに調整。表皮から深部まで必要な部位で深さを加減して効果をもたらすことができます。

フラクショナルRFによって瘢痕組織の微細な破壊を行います

微細な針を肌深部まで刺入させその針からRFをダイレクトに照射。RFによって瘢痕組織を破壊・軟化させ、減量させていきます。なお、毛髪ほどの極細ニードルですので術後の出血や内出血はほとんどありません。また肌表面の損傷はとても微細なため見た目にはわかりません。

真皮層まで均一に薬剤を導入し、新たに皮膚を再生し入れ替えます

フラクショナルRFはRF照射と同時に薬剤を導入することができます。針を除去したときの吸引圧の反動を利用し薬剤を刺入孔より深部まで浸透させます。薬剤の作用によって瘢痕の溶解と通常の真皮コラーゲン再生を促進し皮膚を入れ替えていきます。

痛み・出血が少ない

イントラセルなどの従来のフラクショナルRFには「痛みが強い」という問題点がありました。しかし当治療では吸引圧を利用し皮膚を伸展固定できるため、刺入がスムーズになり挿入の痛みや出血が大幅に改善されました。またニードルごとに違う電極を持つことで熱の分散が均一となり、痛みが緩和されています。さらにニードルをスピーディに肌に当てることで、痛みを感じにくい照射・導入を行うことができます。

ニキビ跡治療の施術内容について

1.初診
カウンセリング・血液感染症検査
症状や状態を確認し、治療内容や期間の説明をします。ご不明な点やご希望がありましたら、お気軽にご質問ください。ニードル治療につき、血液感染症検査は必須です。
↓
2.施術準備
外用麻酔
フラクショナルRFの場合は外用麻酔をご用意します。カーボンピール、GENモード照射には一切不要です。
↓
3.施術(薬剤塗布)
治療に適した薬剤を肌に塗布します。
↓
4.施術(照射)
照射時間は部位や範囲・症状によりますが、おおむね15分程度です。
↓
5.終了
施述後はクーリングを行い、テープでマスキングして終了です。ダウンタイムもほぼなく、すぐにお帰りいただけます。施術当日のシャワーは可能です。
施術時間
15~30分程度※お肌の状態や症状などによって異なります。
施術中の痛み
痛みはあまり感じませんが、個人差がありますので痛みに弱い方はご相談ください。
麻酔
フラクショナルRFの場合は、事前にご購入いただいた外用麻酔を使用してご来院ください。(麻酔注射はありません)
通院
次回2週間後を目安に予約してください。
メイク
施術部は当日不可です。翌日から可能です。
赤み・腫れ
照射後、赤みや腫れがでることがあります。徐々におさまり、1週間程で消失します。(メイクで隠せる程度)また照射翌日からカサカサと乾燥したような肌状態になる場合がありますが、これは肌が生まれ変わりをしてるためです。無理に擦ったり引っ掻いたりしないで下さい。
治療禁忌
重篤な皮膚疾患・炎症がある場合
メイク・洗顔
術後から可能です。
ホームケア
3~5日は肌が生まれ変わわることによりカサつきが起こります。いつも以上に保湿を行ってください。ビタミンC誘導体「APPS」と水溶性ビタミンE 誘導体配合のCEローションの併用が効果的です。

費用について

ニキビ跡治療(1部位15~20ヵ所のクレーター治療)

  • ドクターカウンセリング無料
カーボンピール(クレーター治療)
カーボンピール
(クレーター治療)
鼻のみ 両頬 鼻+両頬
初回トライアル 5,000円 8,000円
1回 15,000円 20,000円 30,000円
5回 60,000円 80,000円 120,000円
症例モニター

(※)

50,000円アフターケア用
トレチノインクリーム
10g/10,000円付
ハイドロキノン
10g/7,000円付
60,000円アフターケア用
トレチノインクリーム
10g/10,000円付
110,000円アフターケア用
トレチノインクリーム
10g/10,000円付

※症例モニターには、アフターケア用としてトレチノインクリーム10g/10,000円が付きます。

フラクショナルRF
(深部の瘢痕治療としてのクレーター治療)
両頬
フラクショナルRF
(深部の瘢痕治療としてのクレーター治療)
両頬
初回トライアル治療 30,000円
1回 50,000円
5回コース
(消化期限はコース初回より3ヵ月)
200,000円
外用麻酔 1回 3,000円
トライビームGENモード照射
(両頬・鼻・口周り)※ヒゲ部位には照射不可
トライビームGENモード照射
(両頬・鼻・口周り)※ヒゲ部位には照射不可
初回トライアル治療 6,000円
1回 12,000円
5回セット 50,000円
血液検査代 2,000円※保険適用あり

(別途消費税)

※1回の治療範囲は、鼻・片頬15~20ヵ所のクレーター(500円玉1~2枚相当の範囲)

ニキビ治療

現在、進行してるニキビや再発予防として保険治療を行っています。
【レーザーと同時進行で治療を行うこともできます】

今できてしまっている進行中のニキビやレーザー照射後の刺激による一時的な再発の予防として保険治療を行っております。保険治療ではニキビに効果がある塗り薬と飲み薬を処方いたします。ご自身で市販の治療薬を探しても『自分にどれが合っているか』『どれくらい使えばいいか』わからないこともあるかと思います。自己流で解決しようとせず、ぜひ医師にご相談ください。医療機関で適切なニキビ治療を行うことは、キレイにニキビを治すことやニキビ跡の予防にもなります。なお、治療効果の高い自由診療もありますが、思春期のお子さんなどはまず保険診療をお勧めします。

費用の目安/1ヵ月:1,500円~2,000円

スキンケア指導
日常生活での注意点

ニキビ治療においては薬や治療以外にも、日常生活やスキンケアの改善も重要です。ニキビを悪化させる習慣は見直し、肌にあったスキンケアを行ってください。医師が患者様の疑問にお答えし、正しい洗顔方法や保湿方法なども指導。早くキレイにニキビが改善できるようフォローいたします。

内服薬

ビタミン剤
過剰な皮脂分泌をコントロールするビタミンBや、ニキビ治療・肌質改善に欠かせないビタミンCなどを処方。
抗生物質
ニキビの炎症が悪化している場合に処方
・ルリッド(マクロライド系抗生物質)
・クラリス(マクロライド系抗生物質)
・ミノマイシン(テトラサイクリン系抗生物質)

外用薬

白ニキビ治療薬
面皰に作用し、ニキビの進行を防ぐ「レチノイド様作用」を持つ外用薬
・ディフェリンゲル
・ベビオゲル
・エピチュオゲル
抗生物質外用剤
ニキビ菌を殺菌する外用薬
・アクアチムクリーム/アクアチムローション(ニューキノロン系抗生物質)
・ダラシンTゲル、ダラシンローション(リンコマイシン系抗生物質)

漢方薬

赤みの元である炎症を落ち着かせる黄連解毒湯(おうれんげどくとう)。循環不全か ら腫れ・赤みを改善します。

注射治療

繰り返し発症し、深部にできてしまった瘢痕・硬結を局所ステロイド注射にて軟化さ せます。